UP

代理店・フランチャイズを始めるときに気をつけたい3か条

まずは副業として始めてみる

代理店・フランチャイズを始めるときに気をつけたい第一は、万が一上手くいかなかったとしても、だいじょうぶなくらいの余裕を持つことです。特に初めてチャレンジするときに、すべての人生をかけて挑戦するというのはリスクが大きすぎますよね。慣れるまでは、本業のかたわらに、副業として代理店をやってみるのがオススメです。また、事業資金も貯金全部をつぎこむのではなく、とうめん使う予定がない余剰資金を事業用にあてるとよいでしょう。心に余裕があれば、冷静な経営判断ができるので、成功する確率もあがるんですよね。

得意な業種から始める

たくさんの業種の代理店の中から、どの代理店を選ぶかは、とても重要です。この選択しだいで、大きく未来がかわってくることもあるので、慎重に選びたいものです。まずは、自分の得意な分野の代理店から始めるのが基本です。本業の仕事を通じて、よく業界のことを知っている業種の代理店が見つかれば理想的。まったく未知の分野の代理店となるよりも、成功する可能性が高くなります。代理店経営は、ハイリスクハイリターン型よりも、ローリスク型のほうが長い目で見ると得られる利益が大きくなります。

家族の協力を得ておく

代理店経営を始めると、仕事上のストレスがたまり、心身ともに大きな負担がかかることを覚悟しておきましょう。そのときに、力になってくれるのがともに暮らす家族の存在です。この困難な状況を乗り越えるには、家族の理解と協力が欠かせません。代理店を始める前に、事業にかける思いを伝えて、サポートが得られるように話をしておくのが理想的です。事業を成功させるためには、ときに折れそうになる心を支えてくれる人が必要です。

代理店とは、メーカーや仕入先と直接契約を結んでる会社や店のことです。利用することで安心、安全に取引が出来ます。

未分類