UP

意外と簡単に始められる!?自営業の始め方

開業する業種は自由に設定できる

自営業で開業する際の業種は自分で自由に設定ができます。前職での経験を活かして開業する場合もこれから未知の業界にチャレンジする場合でも好きな業種で開業が可能です。儲けが確実に見込めそうな業種を選ぶことでその後の売上も変わってきますから、決める前には納得が行くまで事業計画を考えるようにしましょう。自営業を始めるにあたって必要な資格などはありませんが、税制面での知識を多少勉強しておくと後々役に立ちます。

事務所や店舗を構えるなら物件の選定を

自営業を自宅のみで完結させられる業種で開業するのなら良いのですが、オフィスを構えたり店舗を構えたりする必要があるなら物件の選定を行ないましょう。長期的に考えてあまり賃料のかからない物件を選択することが大事です。自営業向けの物件はレンタルオフィスやバーチャルオフィスに居抜き出店など、低コストで使える物件が多数用意されています。オフィスや店舗を購入する場合には毎年固定資産税などの申告が必要となります。

税金の申告は税理士と相談しながら

初めて自営業を開業した場合に問題となってくるのが税の申告です。経費や支出などを計算してその年度の税金を支払うこととなります。サラリーマン時代のように税金の申告をすべて会社が行なってくれるわけではないので、初年度は可能ならば必ず税理士に相談しながら申告をしましょう。申告漏れがあった場合には追徴課税をされる場合がありますから、申告する書類に不備が内容にしっかりと確認しましょう。これをクリアすればその後も順調です。

フランチャイズとは、加盟事業者が本部事業者との間に契約を結び、本部の商標や経営のノウハウを用いて商品の販売等を行い、その見返りとしてロイヤリティ等を支払うシステム、契約形態を言います。