UP

代理店の種類と予算を簡単にまとめてみました

低予算から始められる技術関係の代理店

加盟料が0円から50万円の範疇で始められる商売があります。ハウスクリーニングや塾経営がそれらに当たります。ロイヤリティも10万以下なのでプレッシャーを感じる事もありません。ただし、仕事は完全反響営業なので、月ごとによって売り上げが変わります。そのため高額のローンなどの審査や支払いにも影響が出てしまいます。メリットとしては、良い仕事をすれば口コミで良い噂だけが広がるので、集客が楽になります。いきなり利益を出すというより、時間をかけてじっくりと成長を待つ商売と言えます。

店舗型の小売店は立地と接客で成否が決まります

代理店で一番有名な商売と言えばコンビニやラーメン屋ですよね。脱サラして始める人や定年退職をして始める人など人気の代理店です。加盟料は300万円~400万円なので比較的お手ごろな価格です。土地を持っていない人は必然的にテナントに入る形になりますが、近年では居抜き物件が多くあるので改装費も安く抑えられます。出店先は本部が立地の良い所を選んでくれます。重要なのは接客です。立地が良くても店員の接客が悪ければ客離れするので入念な社員教育が必要になります。

会社経営者向けの代理店

代理店は起業したい人向けのものばかりではありません。既に起業し会社経営している人向けの代理店もあります。携帯電話ショップやファストフード店がそれらに当たります。ある程度の予算と、会社の審査がありますが、堅実な商売をしていれば審査に落ちる事はありません。この様な代理店の魅力はリスクヘッジできるという点です。本業が万が一低迷しても、代理店で穴埋めする事ができます。この様な代理店経営をしている会社は少なくありません。

代理店の募集の現状については、大手のホームページなどで紹介されることがあり、有意義な情報を仕入れることがコツです。